アトリエサード publication
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpで
トーキングヘッズ叢書
(TH Seires)を
定期購読


西条美咲・山岸伸・双木昭夫
「DOLL BRIDE」


[詳細][通販][Amazon]

たま
「Lost Garden
〜少女主義的水彩画集III」


[詳細][通販][Amazon]

TH No.52
「コドモのココロ
〜危ういイノセンス」


[詳細][通販][Amazon]

二階健
「La Vie en Rouge
〜赤に魅せられた女たち」


[詳細][通販][Amazon]

清水真理
「Miracle〜奇跡〜」


[詳細][通販][Amazon]

最合のぼる・黒木こずゑ
「真夜中の色彩
〜闇に漂う小さな死」


[詳細][通販][Amazon]

堀江ケニー
「恍惚の果てへ」


[詳細][通販][Amazon]

須川まきこ
「melting〜融解心情」


[詳細][通販][Amazon]

相馬俊樹
「エロス・エゾテリック
〈新・禁断異系の美術館〉」


[詳細][通販][Amazon]

町野好昭
「La Perle(ラ・ペルル)
―真珠―」


[詳細][通販][Amazon]

古川沙織
「ピピ嬢の冒険」


[詳細][通販][Amazon]

出版物リスト
このサイトは、旧サイトです。
2013年2月より出版物一覧は[こちら]に移転しました。

★新刊・近刊★

★トーキングヘッズ叢書(TH Seires)★
★TH ART Seires(画集・写真集等)★
★TH Seires ADVANCED(評論・エッセイ等)★
★その他★
★トーキングヘッズ叢書(TH Series)とは…アート・文学・映画・ダンスなどを、クロスカルチャー的視点から取り上げるオルタナティヴなテーママガジンです(季刊)
★書店店頭で見つからない場合は(特にバックナンバー)、書店にご注文下さい。その際には「発売は書苑新社(しょえんしんしゃ)」と必ずお申し付け下さい
 (ISBNをメモしてお持ちになるか[こちらの注文書(PDF)]をプリントアウトしてお持ちになると確実です)。

携帯用HPにも刊行物一覧やTH取扱店リストがあります。 (携帯に携帯用HPのアドレスを送る)
★また、通信販売やネット書店もご活用下さい(THバックナンバーのAMAZONの詳細ページへのリンク)
LINKS
 
PROFILE
OTHERS
 
!!このサイトは、旧サイトです。2013年2月より出版物一覧は[こちら]に移転しました!!
 
アトリエサードの出版物は、すべて「発売=書苑新社(しょえんしんしゃ)」となります。
<< TH No.53「理想郷と地獄の空想学〜涅槃幻想の彼方へ」2013/1/30ごろ店頭に! | main |

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |



←クリックで拡大 (PC推奨)
谷敦志「アンビバレンス」
発行:アトリエサード/発売:書苑新社
ISBN:978-4-88375-148-8
A5判・ハードカヴァー・64頁・定価2800円(税別)
[通販][通販(携帯用)]
[Amazonで購入][Amazon(携帯用)]
※全国書店よりご注文いただけます!

――――――――――――――――――

ダークでカオティック、フェティッシュでアヴァンギャルド、
そして最高にスタイリッシュ!
異型の写真家の処女写真集!

谷敦志の写真の魅力は、ぼくらが原初へ近づいていることを想起させてくれるところにあるのではないか。彼が描く凌辱される女性はむしろ堂々と存在をアピールしているし、よじれた身体はまるで爬虫類のように反転して生を謳歌しているように見える。
――植島啓司(宗教人類学者)

「毒食わば皿まで」。強力なフェティッシュの毒に、どれくらい耐えることができるのか、谷敦志は文字通り体を張った人体実験を続けてきた。谷の写真を見ていていつも感じるのは、身体がわれわれの想像力を遥かに超えた可塑性を備えていることだ。その変形し、引き裂かれ、痙攣していく身体のありようは、ビザールの極みにまで突き進んでいくのだ。
――飯沢耕太郎(写真評論家)

谷敦志は、20世紀の退廃と、21世紀の官能を引き連れて、舞台に立っている。
その背後にはかすかに22世紀の死臭を漂わせているのであった。
――宇野亜喜良







――――――――――――――――――
★谷敦志処女写真集「アンビバレンス」発売記念個展
 「アンビバレンス・ライブ!」開催!
 2013年3月9日(土)〜3月18日(月)※会期中無休
 13:00〜19:00
 場所:東京・渋谷 ポスターハリスギャラリー
 詳細:Produce Unit SELECT 公式blog
――――――――――――――――――

谷敦志 プロフィール

生まれも育ちも大阪。
1992年頃より写真作品の発表を始め、
以降、国内外でのグループ展及び個展でコンスタントに作品を発表。
2000年頃からは作品が『BURST』『DUNE』『夜想』
『トーキングヘッズ叢書』などの雑誌に次々に掲載され、
そのフェティッシュ&アヴァンギャルドなテイストの作品群が
ゴシック/アンダーグラウンドアートファンを中心に支持され、ファン層を拡大。
2008年にはフランス語圏内で絶大なる人気を誇るアーティスト、
ミレーヌ・ファルメールからのオファーにより、
アルバム『PointdeSuture』のジャケット、ブックレットの撮影を担当し、話題となる。
2009年頃からはバタイユの『眼球譚』、江戸川乱歩作品、
グリム童話などの文学作品をモティーフとした作品群を継続して発表。
現在に至るまでの谷作品のメインストリームの一つを確立。
最近では、男性の肖像写真のみを撮り下ろして新境地を開拓した『男のポートレート』(2010)、
自作のラテックスやチューブからなるコスチュームと肉体との緊張関係が醸し出す
不可思議なパワーとハイレベルなビジュアル構成力が高い評価を得た
『ポップでフェティッシュな日常が今日もダラダラ続く!』(2011)、
『谷敦志20年の軌跡+新作展』(2012)といった個展を中心に活動。
また、2012年11月からはパリのエロティシズム美術館で半年に渡る個展を開催し、
写真の領域に収まり切らないビジュアル・アーティストとしての才能を遺憾なく発揮している。
他にも書籍やCDジャケットのビジュアル制作、
演劇、舞台、ミュージカルの宣伝写真などを多数手掛ける。
――――――――――――――――――

| 谷敦志「アンビバレンス」 | 11:11 | - | - |
| - | 11:11 | - | - |